kanaの婚活相談

減点方式で男性を見てしまい婚活がうまくいきません

kana
kana
こんにちは、kanaです

今日も婚活相談をいただいております。

 

今年27歳になる独身女です。周りと比べちゃいけないと思っていても結婚、出産の話を聞くと焦ってしまいます。

私だって家族を持ちたいと思っているのになかなか上手くいかない現実に泣きたくなります。

彼氏よりも一生一緒に生きていきたいと思えるような男性に出会いたいです。そのような人とはどのようにしたら出会えるものなんでしょうか。

マッチングアプリ、婚活パーティー、合コンなどできることは動いているつもりなのですが…減点方式で男性を見てしまいます。それは相手の嫌な部分を受け入れる覚悟がないということなのでしょうか。

加点方式で見ていきたいと思っているのですがやはり気になってしまいます。

なるほど。

わかるなぁ…わかりすぎる…。

友達の結婚出産の報告ってなんであんなに焦るんやろね。

結婚ラッシュって20代後半と30代前半に2回あって、30代の結婚ラッシュの方がやばくて情緒不安定になります。

親友の結婚報告を目の前で聞いたとき、本当におめでたいと思っているのに不安と焦りで泣きそうになったのを覚えてます。

あり得ないことですが、その時に私ちゃんと「おめでとう」って言えなかったんですよ。

後でメール送って伝えましたが、本当に本当に辛いです。

おそらくほぼ全員がこんな気持ちを抱えて婚活しているんじゃないかと思います。

 

今回は、婚活は減点方式で男性を見てしまう理由とやめる方法について解説します。

減点方式で男性を見てしまう理由

嫌な部分を我慢して受け入れても続かない

相手の嫌な部分を無理して受け入れようと思っても無理があります。

数か月くらいなら我慢できても、結婚するならそれが一生続きます。

むしろそんな覚悟はしない方がいいですよ。

減点方式で見るのは自然なこと

そもそも女性は減点方式で男性を見がちです(´-ω-`)。

これは本能的なもの。

男性選び間違っちゃうとリスクが高いのは女性の方じゃないですか。

特に婚活となると条件やら何やら譲れないものがたくさんあるし、もちろんキスできないと無理だし、そのこと考えながら男性を見ているとどう考えても減点方式になりますよね。

「条件はいいんだけど、話がぜんぜん面白くないな‥」

「条件はいいんだけど、顔がちょっと…」

「一緒にいて落ち着くし優しい彼なんだけど年収が…」

減点方式でも相手が見つかれば全くもって問題ないのですが、相手が見つからない場合は困りますよね。

 

自分自身を減点方式で評価してしまう人

相談者さんは、自分自身にも厳しい方だと思います。

「こんな自分じゃダメだ!」

「この部分は直さないと…」

そして、周りで結婚した人たちと比べて、

「みんな結婚出来ているのになぜ私はできないんだろう…」

自分を責めてしまっています。

これも『結婚して家庭を築く』という理想からの減点方式で今の自分を見ているんですね。

自分を減点方式で見ている人は相手のことも同じように見てしまい、相手の欠点ばかりよく気が付くようになります。

減点方式をやめる方法

減点方式で男性を見るのをやめるためには、自分自身を減点方式で見るのをやめること

男性を減点方式で見てしまう女性は、自分自身も減点方式で見ていることが多いです。

そして努力家が多いです。

自分の欠点を見つけ、改善していこうと努力することができる人。

だからこそ、他人の欠点にもよく気が付くし、『改善したらもっと良くなるのにとか、なんでちゃんとしないんだろう』と思ってしまいます。

これが仕事であれば、部下を成長させることができたり、リスク管理のできる優秀な人材と評価されるかもしれませんが、結婚は違います。

愛されて長く続く関係を築くためには、

『お互いの欠点や違いを許し合える関係性』が大切です。

 

他人なので全て納得できる人なんていません。

努力して許そうと思っても、それが我慢になってしまうといつか爆発しますよね。

できるだけ無理せずに他人と一緒にいるためには、自分にも相手にも寛容になる気持ちが大切です。

合言葉は「これも私なんだよね」

例えば失敗したとき。

「なんで私こんなこともできないんだろう…最悪!」と自己嫌悪するのではなく、「まーた失敗しちゃったな…ま、これも私だよね(*´з`)」と思うようにします。

『これも私だよね』と許すことを自分に甘く、成長することを諦めたナマケモノのように感じるかもしれませんが、成長することはやめなければいいんです。

◆「また失敗しちゃった…なんで私こんなこともできないんだろう‥最悪!!次は失敗しないようにしなきゃ…」

◆「ま、これも私だよね‥‥。次に同じ間違いを繰り返さないためにはどうすればいいかな?」

減点方式で考えようが、加点方式で考えようが、『次にどうすればいいか?』としっかり考えていけば問題ありません。

自分の大嫌いなコンプレックスも、「ま、これも私だよね…」

自分の嫌な性格も、「これも私なんだよな…」

そうやって受け入れていきます。

受け入れたうえで、『もっと可愛くなるにはどうすればいいかな?』『性格はすぐには直せないけど…少しでも良くなる方法はないかな?』と前向きに考えればOK。

 

意識して続けていけば、いつの間にか男性の欠点も「完璧な人なんていないよね。」と思えるようになってきます。

不思議なことに(∩´∀`)∩

 

自分を加点方式で見れるようになれば相手のことも加点方式で見れるようになる

最近自分のいい部分を意識してみていますか?

できない事ばかり責めて、できたことは『当たり前』と思っていませんか?

どんな小さなことでも毎日自分を褒めてあげてくださいね。

加点方式で自分を見れるようになれば、出会う人のいい部分にも気づけるようになります。

それでも合わない部分は出てきますが、『私とは違うけどそんな考え方もOK』と思えるようになります。

少しずつ前進していきましょう!

この記事に関するご質問は下記コメント欄へお願いします

婚活で出会うならココ!を厳選して掲載中です♡

POSTED COMMENT

  1. みさき より:

    私は逆に人のことを加点方式で見ていて男性のストライクゾーンも広いので、お相手の年収や容姿に問わず時間が合えば必ず会うしなるべく好感を持ってもらうように振る舞うのですが、それで相手から粘着されるときはどうすればよいですか?
    私は最近婚活を始めたばかりで婚活パーティーなどで出会うのではなく、職場や学生時代の同期とデートをしたり友達に紹介してもらったりしているので、あまり関係を悪くしたくなくて困っています。普通はお誘いを数回お断りすれば脈なしと思って離れて行くと思うのですが、あまりモテないように見える男性だと一回でもデートをすると逃したら困ると思うみたいで通用しなくて困っています。

    • kanakotoba より:

      みさきさん
      コメントありがとうございます。
      みさきさんは誰にでも分け隔てなく接する心をお持ちで素晴らしいと思います。
      その気持ちは持ち続けてください。
      ただ、やはり誰にでも好感を持ってもらうようにするのは危険な部分もあります。
      例えば、いつも女性から冷たい態度を取られるような男性がいたとして、みさきさんは
      普通に接していたつもりでも、相手からすると「俺に気があるんじゃないか?」と勘違い
      してしまいます。
      なのでみんなに好意的に接することでみさきさん自身が追い込まれたり危険な目にあうことも
      可能性としては出てきます。
      自己防衛として、やはり『違うな』と思った人は自ら壁を作り、相手を刺激しないよう当たり障りなく
      その場を終わらせるスキルも必要です。
      友人の紹介であれば、素直に「好きになれそうにない」と伝え、誠実にお断りしてください。
      友人であれば理解してくれるはずです。
      本人に伝える時も同様です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です