自己肯定感

自己肯定感を高める方法 自己否定をしてしまう原因とは?

kana
kana
こんにちは、Kanaです

自己肯定感が高いか低いかで、人生が大きく変わります。

それはもう天と地ほどの差。

私自身も元は自己肯定感が低かったんです。

人間関係の悩みが尽きない、職場のお局からのいじめ、恋愛依存。

誰かに認められていないと不安で仕方がない。

誰とも会えない日はまるで極寒の地に裸で立っているかのような恐怖、体中が寒さで刺されているような気分でした。(かなり重症(;´・ω・))

そんな私でも自己肯定感を高めた今、その頃とは180度違う生活を送っています。

まるでオセロが全部ひっくり返ったように、見る世界が変わりました。

7年続いた婚活にも終止符を打つことができた。

そんな体験をみんなにも体験して欲しいな~と個人的には思っております。

婚活で理想の男性を引き寄せるには自己肯定感を高めることが必須です!!

自己肯定感を高めるには、まず自己否定をやめること。

でも『自己否定辞めなきゃ!!』だと辞めれないんですよね~これがっ!!!

今回のテーマは【自己否定をしてしまう原因】についてお伝えします。

自己肯定感を高める方法 自己否定をしてしまう原因とは?

最初はみんな『自己否定』なんてしてないんですよ。

自己否定のきっかけって自分じゃないんです。

産まれたばかりの赤ちゃんは自分を肯定も否定もしてませんよね。

それがいろんな人と関わり、いろんな体験をし、いろんな環境に身を置くことで徐々に自分の考えが決まります。

自己否定のはじまり

自分を否定するきっかけとなった『体験』がはじまりです。

例えば…

◆外見をいじられてショックを受けた

他者と比べて劣っていると感じる、ありのままの自分は受け入れられない、人から嫌われると思ってしまう、自分らしい生き方はダメだ。

◆できなかった経験を笑われた・怒られた

私はできない人間なんだと思ってしまう。うまくいくと不安になる。

◆頑張っていないと居場所がなかった

何もしていない、くつろぐことに罪悪感をもつ。常に何かやることを探していないと落ち着かない。

◆何もするなと言われていた

行動を起こしてはいけない、どう行動するか決めてはいけない。

◆重要視されなかった・無視されていた

人の評価に敏感、弱みを見せられない、自信がない、プライドが高く大きく見せようとする。

◆人から裏切られた

信用することを恐れる。傷つかないために信頼しないと決める。

◆仲良くなろうとしたが拒絶された

孤独感や疎外感をいつも感じてしまう、他者と親密になれない。

◆自分のやりたいことより周りを優先させていた

自分のことは後回し、わがままを言えない、人に合わせる、期待に応えようとする、甘えるのが苦手。

◆欲しいものを我慢すると褒められた、欲しがることはダメだ

自分のしたいことがわからない、我慢強い、人の欲しいものを優先する。

◆愛情が不足していた

他者との関わりや接触を避けようとする、感情表現が苦手、親密になることが苦手、一人の方が楽。人に頼らない。

 

◆人から関心を持ってもらえなかった

人と関わることが面倒、表面的な付き合いしかしようとしない。

◆〇〇と比べて勉強ができないなど比較されていた

自分らしさを出してはいけない、みんなと同じじゃないとダメだ。

◆離れると怒られた・離れないように言われていた

1人で生きられないと思っている、自分がどうしたいか分からない、依存的。

 

心当たりがあるかたも多いのではないでしょうか。

こういった経験がきっかけとなり自己否定が始まります。

 

でもこれ全て『他人』からかけられた言葉や態度なんですよね。

自分が始めたことじゃないんです。

他人の言葉や態度を受け取らないこともできる

人から言われた傷つく言葉や態度。

ショックですよね。

悲しいですよね。

でも、それってあくまでその人が思ったことであって、自分の気持ちじゃないんですよ。

そんな言葉を投げかけられたとしても『私はダメな人間なんだ』と思う必要はないんです。

他人の言葉を『受け取らない』そんな選択もできるんです。

『私は私!』と思うことも大切

人と関わって生きていく以上、いつも他人の目にさらされているし、人と比べられる、評価される、勝手にイメージを持たれることばかりです。

他人の言葉を受け取らないといっても傷つくし、『言われているのだからそうなんだろうな。』と思ってしまいますよね。

確かに自分がどう思うかより周りがどう思うか?が大切な時もあります。

でもこれだけは覚えておいてください。

先に『自分がどう思うか』なんです。

『周りにどう思われるか』はその後。

優先順位を間違えるとしんどいですよ。

他人に褒められたら自己肯定ができるのに、他人にけなされたら自己否定する。

他人に感情をコントロールされ、どう生きたいかもわからない、いつも思い通りにいかない。

そんなシンドイ日々になってしまいます。

まずは『自分の気持ちが大切』です。

自分の人生でそれほど関係のない人、仕事だけで関わる人、将来を添い遂げるわけではない人、おおよそ今後の人生で深くかかわらないような人の言葉を受け取って自己否定するなんてよく考えたら意味がありません。

自分にとって大切だと思う人からの言葉なら、受け取って向き合う必要があるかもしれませんよね。

 

自己肯定感を高める方法 自己否定の原因は自分じゃなかった

自己否定の原因は、他人からかけられた言葉や行動。

本当の始まりは自分じゃないんです。

他人からかけられた言葉や行動を受け取らないこともできる。

まずはこのことを覚えていただければと思います。

相性ピッタリなお相手を無料診断

プロフィールを入力すると無料でマッチング診断とあなたに合ったオーネット会員をご紹介

結婚チャンステスト

POSTED COMMENT

  1. YOSHIKO より:

    すごくハッとさせられました!!
    自分が大切に思ってる人から言われたのならまだしも、そうじゃない人に言われた否定の言葉なんて、気にしなくていんだ。
    大切にしてる人は相手も大切に思ってくれているから、絶対に否定の言葉を投げかけてきません。
    他人から、お前はダメだ、お前みたいな女は、、などと言われすぎて、(モラハラ気味の男でした)私そんなにダメなの?なんで?と傷つき悲しくなってました。
    親友に話したところ、ダメなのは向こう!そんなの気にしなくていい!○○はダメなんかじゃないから!
    って言われました。すごく嬉しかったです^^*
    今、好意を抱いてくれている男性も私が自信なさげなことゆうと、大丈夫!!っていつもゆってくれます。
    大丈夫!って嬉しい言葉ですね。
    他人の否定の言葉を鵜呑みにしてましたけど、気にしなくていんだ♪と、ホントにハッとさせられました。
    ありがとうございました。

    • kanakotoba より:

      YOSHIKOさん

      そうですよね!
      私もどうでもいい人にディスられたこと、人間否定されたことで
      自分は価値がない人間だ、結果を出し続けなければいけないと
      思っていました。
      よく考えたらショックな言葉を投げかけてくる人って人生において
      それほど重要でない、むしろ嫌だなと思う人が多かったように思います。
      そんな人の言うことを真に受けて操られていたのかと思うと‥‥。
      それを知るだけでも生きやすくなりますよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です