アラサー婚活の厳しい現実と運命を変える解決策

 

ある辛口婚活コンサルタントさんが言っていたお話です。

かなり厳しいことを言っていると思われるかもしれませんが、

婚活ではまず現実を知ることが大切です。

受験で例えると偏差値50の学生が自分の偏差値を理解せず、東大京大ばかり受け続けているのが今の婚活の実態です。

東大にこだわらずちゃんと日大も受けましょう。

 

たまたま近くにあったコメント

妥協というか、現実を受け入れた人から結婚はしていくものだと、

どなたかが仰っていたが本当にそうだと思う。

 

厳しい・・・(涙)

しかし、婚活に失敗し続けて当時5年目くらい・・・

もう失敗したくない!

こんなにつらい思いをしたくない!!

 

と、いう事で、一応現実を見てみることにしました・・・・

 

その結果について今回記事にしています。

 

アラサー婚活の現実について調べてみました

これは、総務省が行っている「国税調査」から、年齢別の未婚率を現したグラフを抜粋しています。

そしてこれ↓

 

この表からわかることは

  • 現在26歳~29歳の女性は5年以内に44.4%が結婚出来ます。

 

  • 現在30歳~34歳の女性は5年以内に31.3%が結婚出来ます。

 

  • 現在35歳~39歳の女性は5年以内に10.8%が結婚出来ます。

 

  • 現在40歳~44歳の女性は5年以内に4.1%が結婚出来ます。

という事です。

kana
今は私、31歳だからぁ~(当時) は?!(゜o゜)10人に3人しか結婚していない!!

 

当時、10人規模で女子会をすることが多かった私は、つい想像してしまう・・・・

 

 

kana
あの10人の中で3人しか結婚出来ないってこと?(´・ω・`)・・・・

 

それかなり確率低いやん!!(泣)

 

信じられない…

という事で、さらにググっていくことに。

 

女性の年齢に見合う男性の年収

これは、インターネット上でどなたかが書かれたもので公式なものではないので、参考までに。

 

この表は割と拡散されて婚活関連のサイトでいろんな方が取り上げています。

 

kana
32歳だったら、年収400万円の男性と釣り合うってことか・・・(; ・`д・´)

 

っていうか、30歳後半からが大変すぎる・・・(泣)

 

まあ、一個人の方の感覚なんですけどね。

共感されている方が多数・・・(´・ω・`)

 

全然信じたくない私。

というか、今の私にこの現実は受け入れられないかもしれない・・・・(泣)

当時の私は何度も結婚に失敗して1人だったので、この現実を受け止める精神力がありませんでした。

kana
あくまで個人の感覚だよね。必ずしもこれに当てはまるわけないやん!!(; ・`д・´)

 

信じたくない気持ちと裏腹に、検索をする手が止まらない・・・

 

女性が男性に求める年収の理想&現実

 

下記のグラフは、「結婚相手に求める年収」を年齢別に示したものです。

青が男性で赤が女性。

相手にはこれくらい稼いでいてほしいな~!っていう感じのやつですね。

 

そしてこのグラフは、相手に求める「最低年収」を表にしたもの。

最低でもこれくらいないと無理っ!!ってやつです。

 

kana
う~ん。この結果は非常にマズイ・・・

このグラフからわかることをまとめてみると・・・

  • 女性は、年齢が上がるごとに、相手に求める年収額が増える。

 

  • 20代の女性の方が相手に求める年収額が低い。

 

  • 男性は年代別変化はあまりない。

 

kana
年齢が上がると結婚率が下がるのに、相手に高収入を求めているという矛盾!!

あれ?相手に高収入を求めるから結婚率も下がるのか??

 

結婚相手に求める年収額は?

 

私も婚活をしていた身。きれいごとだけでは結婚出来ません。

やっぱり収入は大切ですよね。

そこで、こんなことも調べてみました。

 

統計元:国税庁 平成26年

民間給与実態を一覧にしたものです。

こう見ると、男性でも年収300万円台、400万円台が多いんですね・・・

しかも、200万円台も500万円台と変わらない位多い・・・(´・ω・`)

kana
20代のころ、年収2000万円くらいの人と結婚したいと言っていた大バカ女は私です(´・ω・`)

ざっくりまとめるとこんな感じ↓

年収400万円以下    60%

年収500万円      12%

年収700万円      6%

年収1000万円     5%

年収1500万円以上   1%以下

 

kana
だ、男性の60%が年収400万円以下なんや!!

 

アラサー婚活の現実は想像以上に厳しい

 

いろんな情報を調べて私が導き出したこと。

◆女性は年齢と比例して結婚相手に求める年収が上がる。

◆男性の約60%が年収400万円以下

◆年収500万円あれば男性はモテモテ

◆過去5年に比べて20代女性が早めに婚活を始めている

※その証拠に、国勢調査の結婚率について、20代の未婚率が前回より改善しているらしい。これって、30代女性が焦って婚活しているのを見て焦りだした20代が積極的に動き出した結果ってことだよね(´-ω-`)

kana
そりゃー30代の結婚率落ちるはずだよ・・・(´・ω・`)

 

厳しいアラサー婚活を成功させる方法とは

結婚の真剣度が高い人と出会う

私自身も7年婚活して思う事なのですが、お互いが好きどうしだったとしても、男性側が結婚のタイミングじゃなければ結婚はできないんですよね。

結婚はタイミングと言うのは本当です。

婚活を成功させるためには、「結婚のタイミング」が来ている人と出会う必要があります。

例えば、すぐにでも結婚したいのにクラブや街コンで相手を探しているのはとても効率が悪いです。

今主流になってきているマッチングアプリも、恋活アプリより婚活アプリの方が確率は高まります。

婚活パーティーも結婚相談所が主催しているものだとお互いの真剣度も高まりますのでおすすめです。

仕事と両立できる婚活方法を選ぶ

婚活で大切なのは仕事と両立することです。

婚活したいのに、仕事がハードすぎて思ったように行動できていない方が多いです。

かといって仕事をやめるわけにもいきませんよね。

自分のライフスタイルに合った婚活の方法を選びましょう。

 

決断はデート3回までに出す

気になる男性と何度もデートしているのに、関係が進展しないパターンも割と多いです。

「私の事どう思っているんだろうか?」と悩みますよね。

恋愛ならあの手この手で振り向かせてもいいんですが、婚活なら3回で判断しましょう。

婚活のゴールは結婚すること。

男性が結婚を決断するのはとても勇気のいることです。

3回デートして「付き合う」事すら決められないなら結婚は決められません。(それくらいの気持ちが大切)

芸人の横澤夏子さんも、旦那さんに究極の3択を迫ってお付き合いにこぎつけました。

①結婚する

②付き合う

③二度と会わない

笑顔で聞いたそうです(怖いw)。

旦那様は泣きそうな顔をしながら②を選んだんですって( *´艸`)w

 

さすがにここまではできなくても「私の事どう思ってる?」くらいは聞いた方がいいです。

理想の結婚生活をイメージする

どんな人と結婚したいかの前に、自分の理想とする結婚生活をイメージしておきましょう。

恋人としては理想だけど、結婚相手としては相性最悪だったということが本当に起きてしまいます。

 

例えば、恋人の時はデートのたびに外食をして、それも彼が全部ご馳走してくれて、彼はファッションにも気を遣っていてとてもオシャレ!私の彼最高!!

と思っていても、実際結婚したら彼の浪費癖が原因でケンカばかりになってしまったとか。

 

有能な彼は仕事をとても頑張っていて、恋人の時は尊敬できてしあわせだったけど、いざ結婚したらほとんど家におらず、休日もゴルフや付き合いばかり。

もちろん男性側も「こんなはずじゃなかった」と思うこともあるでしょう。

すれ違いは私のまわりでもよく聞くことで珍しいことではありません。

自分の理想とする結婚生活をイメージし、共に歩んでいけそうな相手を選ぶと考えると、お付き合いしたい男性像も変わってきます。

SPONSORED LINK

アラサー婚活の厳しい現実と運命を変える解決策 まとめ

厳しいアラサー婚活の現状と運命を変える婚活方法についてお伝えしました。

婚活の知識をつけて行動している人としていない人では、大きな差がついてきます。

20代のころと比べると厳しい現実には間違いないですが、やり方次第で今から1年以内に結婚することも可能です。

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

 

合わせて読みたい

 

SPONSORED LINK