自己肯定感

自信をつけることと自己肯定感は別モノです

私は長年、自己肯定感がどうしても上がらず困っています。
自分に自信をつけたいと思い、自分磨きや美容に凄く力を入れて、運動もして。
自分の身になる本を読んだり、いろんな人と交流をしたり、知らない事を吸収したりたくさん挑戦してきました。
かれこれ20年くらい。
周りからも褒められることが多くなりました。
やってきたことがこうやって形になって出てくるのは嬉しく、感謝でいっぱいです。
なのに、自分自身を褒めようとすると「調子に乗ってんじゃねーよ」と自分をイジメてしまいます。
まだまだだと思って、ムダに頑張ってしまいます。
このままでいいという気持ちと、こんなんじゃまだまだ底辺だ頑張らなきゃという2つの気持ちが交互に溢れてきます。
自分を根本的に認めるにはどうしたらいいのか、アドバイスをお願いします。

すごく努力されてきたのですね。
本当に素晴らしいです。

自信をつけることと自己肯定感は別モノです

あなたに知って欲しいのは「自己肯定感=自信」ではないということ。

自分をポジティブにとらえたり頑張って自信をつけることと、自己肯定感は別だと知ってください。

自己肯定感というのは「自分の存在そのもの」に価値を感じられることを言います。

自己肯定感に条件はつかないんですよ。

キレイになったから、スキルを身につけたから、周りに評価されているから。

これは自己肯定感じゃないんです。

自己肯定感に条件を付けてしまうと、いつまでたっても生きづらさから解放されませんよ。

キレイじゃない自分、スキルの無い自分、評価されない自分は価値が無いといってるのと同じこと。

頑張ることは素晴らしいです。

でも、頑張っていなくても、力抜いていても、結果がだせないあなたも素晴らしいんですよ。

人は完璧にはなれません。

どんなにすごい人でも、ダメな部分はあるんですよ。

人間は不完全なもの。

あなたにも、評価されていて自分自身が誇れる部分と、ダメだな~と思う部分があるはずです。

評価されているあなたも、底辺のあなたも、全部含めて「これが私なんだ」。

底辺のあなたを仲間外れにせず、受け入れてあげてください。

そうすれば自己肯定感は高まります。

自分で自分に暗示かけちゃってるんです。

「頑張っていない私はダメだ」
「評価されない私はダメだ」
「きれいでない私はダメだ」

これは要するに「完璧な私であれ」という暗示です。

「完璧であれ」という自分自身に課した言葉が、完璧になれないあなたを許さないんです。

そのことに気づいてくださいね。

完璧を目指すのはいいのですが、完璧でない自分を否定するのはNGです。

今日からこんな言葉を自分にかけてあげてください。

「70%くらいできたらOKだよね」
「今日は昨日より少し成長したね」
「ありのままの私も私なんだよね」

応援しています!!
相性ピッタリなお相手を無料診断

プロフィールを入力すると無料でマッチング診断とあなたに合ったオーネット会員をご紹介

結婚チャンステスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です