アラサーの結婚が難しい5つの理由

kana
こんにちは!!Kana(@kanaoda74)です☆

 

若いころは、その気になればすぐに結婚できると思っていた。

高望みしているわけじゃないのに婚活がうまくいかない。

結婚どころか好きになれる人すらいなくなってきている。

 

あなたはそんな風に悩んでいませんか?

 

kana
私も同じこと思ってた・・・(;´Д`)

 

 

今回は、アラサーの婚活が難しい理由についてまとめました。

気になる方はぜひ読んでくださいね。

合わせて読みたい

 

アラサーの結婚が難しい5つの理由

 

①経験が増えて感動やドキドキを感じにくくなる

 

初めて彼氏ができた時は、顔を見るのも手をつなぐのもドキドキするし、行ったことがない高給なレストランに連れていかれたりすると嬉しくて感動しますよね。

ドキドキ感や感動は、初めて体験すること、想定外の体験をしたときに起こります。

アラサーくらいになると、そのほとんどが体験済みになる。

男性が張り切って連れて行ってくれたお店も、「ああ、ここ前に来たことあるのよ。」とか、「このレベルの料理なら、どこどこにある〇〇ってお店の方が美味しいわ」とか思うようになっちゃいます。

そんな状態なのに、人生でたった一人の結婚相手だから絶対失敗できないと、もっとドキドキする人、感動するデートを求めてしまうのです。

そんな人は、最初から婚活市場にはいません。

 

②目が肥えて男に厳しくなる

 

30年近くも生きていると、いろんな男性を見てきていると思います。

彼氏にフラれたら「次はアイツよりいい男捕まえて幸せになったるんじゃー!」と復讐心に燃えるし、超エグゼクティブなエリートサラリーマンと付き合った過去があれば、新しい彼を探すときにどうしても比べてしまいます。

仕事や遊びで経営者と話す機会のある女性は、付き合ってもいないのに社長のテリトリーに自分も入っていると思っていて、なぜか彼氏もその基準で選べると思い込んでいます。

すごい男性を見すぎたがために、いつのまにか記憶の中で標本みたいになって、出会う男性と見比べては批評するようになってしまうのです。

若いころ、会うだけでテンション上がっていたイケメンも、エリートサラリーマンも、何回も会っているとそれが普通になってきます。

せっかく結婚向きの普通の男性が現れたのに「普通の人だなぁ…なんだかなぁ…モヤモヤ」と、運命の人を見逃してしまうのです。

これではいつまでたっても結婚出来ません。

 

③仕事でキャリア&収入が上がり、それ以上のスペックを相手に求める

婚活市場では、女性の方が年収高かったりするんですよね。

婚活女性のほとんどは、「自分と同じか、それ以上の年収&学歴の人」を望みます。

それを「高望みだ。現実を知れ」という人もいますが、私は当然だと思っています。

 

女性は妊娠・出産のリスクから、優れた男性を選ぼうとする本能があります。

大昔は、男選びを間違うと生きていけないかもしれなかった。

時代は変わってもその本能は変わりません。

むしろ、女性が男性と同等かそれ以上に稼いでいる今の方が後付けなんです。

女性か高収入男性を選ぶのはごく自然なこと。

このことを踏まえて婚活の対策をしていかないと結婚は難しいです。

 

④年齢のせいで選ばれにくくなる

 

こちらも本能的な話ですが、男性は若い女性が大好きです。

若い女性の方が、自分の子孫を確実に残せるという本能が働いている為です。

いくらキレイで若々しくて性格が良くても、若い女子には勝てなくなります(涙)

30代で婚活している方は、うすうす変化に気づいていると思いますが、私の経験上、今の危機感の3割増し位ヤバいと思いながら行動しておいた方がいいです。

⑤自分のこだわりが増えて他と合わせずらくなる

 

こだわりが増えるのは、悪い事ではないと思います。

自分の好きなものやコトに囲まれるのって心地いいですよね。

ただ、「私はこうだから、こういう人と結婚したい」と思っていると結婚は難しい。

結婚は合わないところを許してこそできるものです。

「そのこだわり、結婚することより必要なもの?」と自分に問いかけてみてください。

 

SPONSORED LINK

アラサーの結婚が難しい5つの理由 まとめ

 

ちなみに私は独身のころ5番以外はすべて該当してました…(遠い目)

アラサーの結婚が難しい理由を踏まえたうえで、対策を立てていただければと思います。

明日からも婚活頑張りましょ~!!

合わせて読みたい

 

 

SPONSORED LINK