婚活女子の心構え

結婚したい人もいないのに「結婚したい」と思えない人はどうしたらいい?

こんにちは、Kanaです。

LINE公式アカウントへこんなメッセージをいただいたのでご紹介します。

Kanaさんがよく「結婚するかしないか決める」と言っていますが、
私は結婚したいと思うけど、本気で結婚したいと思えるか?と聞かれると分からなくなってきました。

結婚したい相手がいないのに、結婚したいか?と聞かれても「?」という感じです。

なるほど。

ほんとその通りですよね。

結婚したいと思える人もいないのに「絶対結婚したい!」なんて思えない。

そのお気持ち、すごくわかります。

では私がなぜ「結婚するかしないか決めること」が必要だというのか、今日はお伝えしていきます。

結婚は、「絶対に結婚する」と決めた人がするもの

かつての日本は、人口の95%以上が結婚をしている「結婚大国」でした。

国勢調査が始まった1920年〜1990年のおよそ70年間、結婚率は95%を超えています。

私たち(今のアラフォー、アラサー)の親・祖父母世代は、周りのほぼ全員が結婚している状況です。

そんな親・祖父母に育てられた私たちも、なんとなく「そのうち結婚するんだろうな」と思っていたのではないでしょうか?

少なくとも私はそうでした。

 

でも今の状況は全く違います。

未婚率が急激に上昇し、2015年には「男性23%」「女性14%」まで増えています。

2040年には、「男性の4人に1人」「女性の5人に1人」が生涯未婚だと推計されています。

ソースはこちら→https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00768/
(超ソロ社会という本を書かれている荒川和久さんの記事)

 

何が言いたいかというと、今は「結婚しない人生も普通」だということです。

例えば、現在30歳以上であれば、「自然に結婚したいなと思える人と出会えたから結婚するというプロセス」の方が不自然なくらいです。

 

今は結婚しなくても楽しいことってたくさんあるんですよ。

仕事もやりがいがある、友達と旅行や趣味を楽しむこともできます。

婚活は楽しいことばかりではないし、うまくいかないことが続けば「やっぱり結婚はもうちょっと先でもいいかな・・・」と思ってしまいがち。

 

もちろん、結婚したいと思える時に結婚できたら理想ですよね。

でも、年齢とともに結婚率は確実に低下していきます。

今婚活をすれば結婚できるような男性でも、5年後はマッチングすらしない・・・。

そんな残酷なことが現実に起こってきます。

 

その状況で婚活しなきゃいけないのは本当に辛いですよ。

未来の自分は困らないですかね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は「絶対に結婚したいとは思えない」

その気持ちはすごく分かるんです。

 

それでも、1%でも「結婚したい」「子供が欲しい」と思うのであれば、前倒しで将来を考えていかないと、未来の自分が泣くことになります。

結婚や出産にはリミットがあるので、これはどうしようもないことなんです。

 

今、人生や将来について真剣に考えることは、「未来の自分へのプレゼント」なんですよ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

5年後、10年後の自分が、穏やかなで幸せな日々を送れるように、今考えるんです。

 

私も30歳で「独立して会社経営をする!」と思っていたのですが、婚活することを選びました。

何年も迷ったし、頭痛くなるまで考えました。

でも、あの時の自分が決断してくれたおかげで今の生活があるのだと思うと、当時の自分に「いっぱい悩んで決めてくれてありがとう」と言ってあげたい気持ちです( ◠‿◠ )

・・・・・・・・・・・・・・・

これが、私が「結婚したいか、したくないかを今決める」とお伝えする理由です。

 

自己肯定感サロンでは、将来を考えるということもコンテンツとして発信していきます。

未来の自分のために、今行動しませんか?

 

 

自己肯定感サロン詳細→https://lounge.dmm.com/detail/2224

 

 

 

 

相性ピッタリなお相手を無料診断

プロフィールを入力すると無料でマッチング診断とあなたに合ったオーネット会員をご紹介

結婚チャンステスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です