バリキャリ女子は結婚相手に向ている

kana
バリキャリ女子(アラサー以上)の皆さん、こんにちは~(*´ω`*)Kanaです!!

 

同年代の男性よりも年収が高い女性、増えてますよね。

婚活がうまくいっていない時、「年収が高いという理由で男性から敬遠された」という経験はありますか?

 

以前TVで東大卒のタレントさんが「合コンで東大卒というとモテない」と言っていたのを思い出していました。

私自身も出会った男性に「女性が自分より稼いでいたらやっぱり引く」と言われたことがあります。

なぜバリキャリ女性はここまで敬遠され、婚活がうまくいかないのでしょうか?

 

 

私は「バリキャリ女子は結婚相手として重宝される時代」だと思っています。

その理由について今回は書いていきたいと思います。

気になる方はぜひ読んでくださいね。

 

SPONSORED LINK



 

 

バリキャリ女子が結婚相手として重宝される理由

男性は結婚相手に高収入を求めている?

 

「女性が自分より稼いでいると、甲斐性がないと思われるのが嫌だ!」

本当にそう思われているのでしょうか?

実は男性、結婚相手には高収入の女性がいいと思っているんです。

下記の表をご覧ください。

 

※女の転職より引用 20代~30代の『Woman type』読者および転職サイト『女の転職@type』の女性会員、転職サイト『@type』の男性会員にアンケート調査を実施。(https://woman.type.jp)

 

この表から分かるのは、女性に年収300万以上稼いでほしいと思っている男性が33.9%、400万以上くらい稼いで欲しいと思っている男性が15.1%もいるということ。

kana
おいおい、しかも女性に年収500以上求める男性が9.4%、600万以上が13.2%、700万以上も9.3%って・・・w

 

それに比べ、「女性は年収200万~300万円位でいいよ」って思ってる男性はたった7%でした…w

 

過去の記事でも書いていますが、働く男性の約6割が年収400万円以下…という調査結果が出ています(*´з`)

自分の年収が低いので、女性に高い年収を求めていると言えますね。

この記事に詳しく書いてます

 

 

kana
要するに、今のご時世男性一人で稼ぐのは大変だから、女性にも稼げるだけ稼いで欲しいというのが男のホンネ(´-ω-`)

 

kana
あれ?じゃあバリキャリ女子は結婚に有利なんじゃないの?なのになぜ結婚が難しいと言われているの?

 

 

SPONSORED LINK



バリキャリ女子の結婚が苦戦する理由

 

調査結果から考えると、稼いでいる女性は婚活に有利なはずです。

けれど実際は苦戦している方も多い…

これはいったいどういう事なのでしょうか?

 

男のホンネは2つある

 

ここでは男性のことについて書いていきますね。

男性の願望
◆「頼られたい」
◆「尊敬されたい」
◆「大切な人を幸せにしたい」

男のホンネ①

男性は、好きな人には頼られたいし、尊敬されたいし、幸せにしてあげたいと思っています。

その願望を叶えることこそが、男性の幸せに繋がるんです。

本音を言えば、お金いっぱい稼いで富と名声を得たいし、好きな人にもいい生活を送らせてあげたいと思っています。

それが甲斐性であり男性のプライド。

 

男のホンネ②

①という根本的な願望はありますが現実はそんなに甘くなくて、家族を養って裕福に暮らせるだけのお金を稼ぎ出せる人は一握り。

ほとんどの人が自分の生活を維持するだけで精一杯の年収しか稼げていないんです。

結婚して子供を育てるために、自分の稼ぎだけでは難しいと考えている男性は多いでしょう。

結婚相手にも稼いで欲しい。そう思うのは至極当然のことだと思います。

男のホンネ①と②では、考えが矛盾しています。

 

「頼られたい」「尊敬されたい」「大切な人を幸せにしたい」願望はあるが、現実は厳しいから「女性にも稼いで欲しい」という願望もあり、それが男性のジレンマになっています。

調査結果に出ている通り、女性には稼いでもらいたいのでバリキャリ女子は歓迎。

けれど自分より年収が高いことや、仕事のことで自分以上にデキる女性だと劣等感を感じてしまう。

女性の態度(男性に正論で言い負かす行為や、マウンティングのつもりはないがそう取れるような意見を言われたりする)で自信を無くすと、男性はその女性と一緒にいる意味を見出せません。

 

 

バリキャリ女子が結婚するためにはどうればいいのか?

 

婚活に苦戦しているバリキャリ女子が「どうしても結婚したい」と思ったとき、自分より年収が同じ、もしくは低い男性を視野に入れていく必要性も出てくると思います。

「私は絶対自分より高収入な男性じゃないと嫌だ!」という人もいると思うけど、「私は別に男性の収入が低くてもかまわない」と思っている女性も少なくないと私は思っています。

ただ、女性側がそれでいいと思っても、そのままでは男性は受け入れてくれません。

 

「頼られたい」「尊敬されたい」「大切な人を幸せにしたい」願望

現実は厳しいから「女性にも稼いで欲しい」という願望

 

優先すべきは①の願望です。

 

男性は、「大切な人に頼られ、幸せにすること」で、自分も「幸せだ」と感じられる生き物。

要するに、自分の考えなんてあんまりないんです。

好きな人が隣で笑っていてくれたら、単純に自分も嬉しい。

とても可愛い生き物なんですよw

 

では私たちはどのように振舞えばいいのか、気を付ける点をまとめていきますね。

 

男性を本気で尊敬してあげる

 

女性が男性を尊敬する部分ってだいたい同じで、相手の稼ぎや仕事内容、学歴や家柄で判断している人が本当に多い。

確かにその通りなんですが、単純に自分より年収が低いとか、喋ってる内容のレベルが低いとかそんなことだけで決めつけるなんて短絡的で視野が狭すぎると私は思います。

バリキャリ女性は、学歴も収入もあり、それを勝ち取るために相当努力してきた方たちです。

その面だけで見ると、バリキャリ女子を上回る男性なんて婚活市場だとほんの一握りです。

そこに重きを置きすぎると誰にも選んでもらえない。

 

あなたより稼いでいる男性は、「頼られたい」「尊敬されたい」「大切な人を幸せにしたい」願望を満たしてくれる若い女性と早々に結婚していると思います。

 

バリキャリ女性には、今よりさらに賢くなることが求められています。

・自身の年収や修羅場を潜り抜けてきた経験、世の中を知り尽くしている、仕事上でのポジションが高いからといって、それが婚活市場において最優先で評価されることではないと気づくこと

・男性を自分の基準で評価するのではなく、もっと多角的な面から見て、相手の尊重すべきところ、尊敬すべきところを見極める力をつけること、そして心から尊敬すること

・結婚生活の中では「仕事の功績はいったん頭の隅に置いておく」こと。いつでもひけらかすのではなく、今後の人生の中で必要な時引き出せる“武器”として持っておくこと

・男性に幸せにしてもらうことを遠慮しない。武器を手放して素の自分を男性に見せること(自立している女性はもっと甘えてもいい)

・一歩引く必要はないが、男性を立てる心を忘れない。男性と張り合ったりマウンティングを取るのはまだまだ人として未熟

 

例えば、仕事以外に情熱をかけて行動していることだったり、今は叶っていないけど将来のビジョンがあったり、彼の事をたくさん知って、尊敬できる部分を見つけていくことが大切です。

好きな人から「頼られたい」「尊敬されたい」「大切な人を幸せにしたい」男性の願望を、女性側からしっかりと満たしてあげれば、男性はその女性から離れられなくなります

 

 

バリキャリ女子は結婚相手として重宝される時代 まとめ

 

いろいろ書き連ねましたが、一言でまとめると・・・

 

男を手のひらで転がす力を身につけろ~(∩´∀`)∩w

 

ということになりますw

 

男性に手柄を渡してあげたらいいんですw

「僕は彼女を幸せにできている!( *´艸`)」と思わせとけばいいんですw

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということわざがありますね。

人格者ほど謙虚。

満たされている人ほど心に余裕があります。相手に花を持たせてあげることが出来る。

kana
そんなひとに、私もなりたい(∩´∀`)∩♡

 

稼いでいることは結婚に有利な時代。ぜひ婚活に生かしていただければと思います。